ホーム » ニュース 一般 » ベーシックインカム よく分からないけど橋下市長がテレビ討論で説明してました

ベーシックインカム よく分からないけど橋下市長がテレビ討論で説明してました

橋下徹大阪市長が3月4日日曜日の朝のテレビ討論中継で
ベーシックインカムについえ与野党や経済評論家と
意見を戦わせていましたが、なんとなく分かったような


basicincome.jpg


全国民に現金支給するということを聞くと多くの人は
バラまきは良くない。金持ちと貧乏人との格差はどうなる
仕事をする気が無いものをさらに助長するだけでは?


私もそう思いながら不安感いっぱいに聞いていたわけですが
橋下さんの目的はもっと別のところにあることが分かりました
現在、社会保障として年金支給、子ども手当て、生活保護費など
既存の仕組みには実は無駄が多いことを問題視しているのです


極端ですが分かりやすい例としては生活保護費をベンツに乗って
取りに来る者がいたり、子ども手当てが親の洋服に使われたり
そういった金額でもを積み上げると膨大なものとなります


橋下市長はベーシックインカムを実施する事で一旦それらの
既存の社会保障制度をなくしてしまうことが目的と言います
すると見えないところで無駄になっていた税金を見直せるのです


さらに彼はベーシックインカムや年金保障の財源として
消費税を当てるのは間違っていると主張していましたが
これには私も納得して思わず大きく頷かされました


消費税とは基本的に地域の自治体が持つ財源であり
各自治体の為に使われるべきだと言うことなのです
社会保障には所得税や法人税を当てることが望ましいと


後は、財源が不足しないかをしっかりと算出する事ですが
これも一般的に足りるわけが無いというのが大方の意見です
しかし、それは思い込みという可能性も否めないわけで


細かく、無駄をとらえて計算すると意外とまかなえるのかも
そんな気もしてくるほど橋下市長の話は魅力的でした


一応お断りしておきますが、私などは実際のところ
内容をあまり理解していないのですが、それでも
”無駄を本当になくす”必要性はあると確信しています


ベーシックインカムを実施した時に、既存の社会保障システムが
壊れることになるわけですが、そうなると政治家や官僚にも
既得権を失う者がかなり出てくるわけです


その人たちが猛烈に反対する事が予想されますがこれまでも
そんな既得権を逃すまいとするお金に困った事の無い人々が
国の政治を動かしてきたことを毎日お金に苦労している者は
そろそろ気づかないといけない時では無いでしょうか?



橋下さんはそのきっかけをなんとか作ろうとしているのでは?
「維新八策」の中にもそれを目的としていると思える内容が
ぎっしりという感じがするのですが、詳しくは分かりません(汗)


でも分からないなりに、意思表示することは大切かと・・・


安易に被災地復興の為なら消費税増税も仕方ないなどと
インタビューに答えている場面を観ると世論を操作しているのかと
かんぐりたくなるほどですが、これだけ税金無駄遣いされて
本当にまだ消費税を取られて平気なのでしょうか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。