ホーム » ニュース 週刊誌芸能情報

釈由美子が舞台『天才バカボン』で涙したのは破局のせい?

釈由美子が交際宣言した獣医師と
密かに婚約を解消していたようです。
2人はお互い両親にもあいさつしており
結婚も近いといわれたはずなのですが。


2人をよく知る関係者によると
「結婚は完全になくなりましたね。
もう合ってもいないと思います」
とのこと。


そもそも昨年4月に釈の飼う
愛犬が膝を脱臼したことで獣医に
診てもらったことから知り合った2人。


相手はイケメン獣医師で32歳と
釈由美子と同年齢でもあり気もあったのでしょう。
しかし、最近では仕事が多忙でお互いに
会うことができず、気持ちが離れたのではとも
いわれていますね。


釈は8月2日に舞台『天才バカボン』
のカーテンコールで涙したそうです。
舞台の喜びもあったのでしょうが
関係者からは「あれ?」という声も。
天才バカボンの舞台に涙はなかなか
そぐいませんからね。違和感を感じたようです。


しかし、釈由美子も32歳なんですね
輝く美貌が続くうちに新たな恋をね。
期待したいです。

【中古】写真集系雑誌 別冊 釈由美子


西田夏が、DV離婚成立。『スーパーモーニング』でのビデオ公開から3年目だった。

西田夏(玉城未歩)が元「DAPUMP」の
YUKINARIとの離婚が成立したことが分かった。
彼女がテレビ『スーパーモーニング』で
DVの証拠ビデオを公開したのが2007年12月だった。


西田夏は元女子プロレスラーとしてデビュー
試合中に恥ずかし固めを決められる場面が
スポーツ新聞に載って一躍有名になる





その後もタレント活動などをするが
人気が定着する前2003年に引退する。
2004年2月1日にDA PUMPのYUKINARIと入籍、
10月に長女を出産している。





訴訟していたYUKINARIとの離婚が
2010年4月16日に成立した。
本人が『スーパーモーニング』で
DVの証拠ビデオを公開したことがきっかけとなった。


DV(ドメスティックバイオレンス)裁判

「或る女」水野美紀、週刊現代 グラビア文学館が話題に・・。

女優の水野美紀を撮りおろした
週刊現代の特集、グラビア文学館は
有島武郎、「或る女」は撮影・藤代冥砂らによる






アスリート顔負けの

水野美紀です。


がナイスバディをどう魅せるのか。
有島武郎の原作「或る女」の世界をどう描くのか・・・


ここに、有島武郎、「或る女」の極一部を紹介する。


葉子は前どおりすすり泣きを続けてはいたが、
その涙の中にはもう偽りのしずくすらまじっていた。

「いやです放して」

こういった言葉も葉子にはどこか戯曲的な
不自然な言葉だった。
しかし倉地は反対に葉子の一語一語に酔いしれて見えた。


「だれが離すか」


事務長の言葉はみじめにもかすれおののいていた。
葉子はどんどん失った所を取り返して行くように思った。
そのくせその態度は反対にますますたよりなげな
やる瀬ないものになっていた。


倉地の広い胸と太い腕との間に羽(は)がいに
抱きしめられながら、小鳥のようにぶるぶると震えて、


「ほんとうに離してくださいまし」

「いやだよ」

葉子は倉地の接吻(せっぷん)を右に左によけながら、
さらに激しくすすり泣いた。
倉地は致命傷を受けた獣(けもの)のようにうめいた。




これは、念を押すが極めて一部である。
全体にはさらなる文学的描写が綴られているのだ。


週刊現代(2010/04/17), 頁:197に、特集される。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。